話す写真ーー見えないものに向かってーー

話す写真ーー見えないものに向かってーー

畠山直哉

本体780円 + 税

読む

内容紹介

写真家畠山直哉が真摯に語る写真とは何か。

石灰石鉱山の写真集『LIME(ライム) WORKS(ワークス)』で一躍注目を浴び、いまや日本のみならず世界的に活躍する写真家・畠山直哉。石灰工場、石灰石鉱山の発破の瞬間、都市のビル群などのたぐいまれに美しいプリントで多くのファンを獲得している。撮影対象の面白さと写真の美しさで話題になることの多い畠山だが、いっぽうで「ことばを発する写真家」としても知られている。
 本書は、畠山のことばの中から、講演・講義といった、「話された写真」についてのものを集めて、一冊にまとめた著書の待望の文庫化である。畠山の〈見ること、認識すること、考えること〉から紡ぎ出された写真についてのことばの中から、さらに、聞き手に伝え、理解を促すことを念頭に考えられた「話し言葉としての写真論」を並べてみると、思考と認識の手段として写真を選んだ、日本にこれまでにあまりいなかった「考える写真家・畠山直哉」が浮かび上がってくる。「写真とは何か」ということを絶えず問い続ける真摯なひとりの写真家の姿である。スマホの普及も相まって、大きく概念を変えつつある写真について、もういちどきちんと考えるきっかけとなる一冊である。

同じジャンルの書籍から探す

マヤコ一○一歳 〜元気な心とからだを保つコツ〜 夜回り先生と夜眠れない子どもたち 三浦綾子 電子全集 旧約聖書入門 ―光と愛を求めて おしんの心 太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編 P+D BOOKS 父・山口瞳自身 〜息子が語る家族ヒストリー〜 P+D BOOKS 噺のまくら 開高 健 電子全集11 新しい天体/最後の晩餐 P+D BOOKS アニの夢 私のイノチ ウォールデン 森の生活 上 命をくれたキス 「車椅子の花嫁」愛と自立の16年 会社員 自転車で南極点に行く 開高 健 電子全集19 最後のエッセイ大全 パイプのけむり選集 話 三浦綾子 電子全集 聖書に見る人間の罪―暗黒に光を求めて 世の中の8割はどうでもいい。〜頑張ってもうまくいかない人生を変える思考術〜

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/