紛争地の看護師

紛争地の看護師

白川優子

本体710円 + 税

読む

内容紹介

戦場を照らすルポルタージュ。

2010年「国境なき医師団」に参加以来、20回近い海外派遣を経験した著者による生と死のドキュメント。

イラク、イエメン、南スーダンなど紛争地で看護師として活動した著者は、戦禍の市民に寄り添いながら為政者の愚かさを思う。医療で戦争は止められない——思い立った著者は一時はジャーナリストへの転身を考えるも、シリアで手術後の患者の笑顔に接し、自らの使命を確かめた。

単行本上梓後は現場から退き、採用などに携わる事務局職員となった。しかし、2021年、米軍撤退とともにタリバンが復権したアフガニスタンに渡ることに(文庫版新章)。

自分の命を危険にさらしてまで紛争に巻き込まれた人々の治療に当たってきた白川さんのこの本は、これからの世界を築くことになる子供たちにも読んで欲しいです。世界中で蔓延する暴力の連鎖を断ち切らないことには人類の未来は真っ暗です——ピーターバラカン氏推薦

彼女たちの存在と活動によって確実に救われる人がいる。救われる命がある——青木理氏(解説より)

(底本 2023年10月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

コミック版 逆説の日本史 古代暗闘編 令和日本・再生計画〜前内閣官房参与の救国の提言〜(小学館新書) 経済参謀 〜日本人の給料を上げる最後の処方箋〜 バチカン大使日記(小学館新書) 絶望裁判4 〜拉致・リンチ・虐待〜 将棋カメラマン 〜大山康晴から藤井聡太まで「名棋士の素顔」〜(小学館新書) ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち 絶望裁判1 〜自殺サイト・快楽殺人・死体マニア〜 万事正解 原発は“安全”か〜たった一人の福島事故報告書〜 民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論 ドラえもん社会ワールド 政治のしくみ ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 上巻 電脳のサムライたち3 電網創世記 社会の抜け道 本物の思考力(小学館新書)

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/