高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第16巻 高橋たか子 エッセイ1『魂の犬』ほか

高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第16巻 高橋たか子 エッセイ1『魂の犬』ほか

高橋たか子

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

1975年から1980年に刊行されたエッセイ集『魂の犬』『記憶の冥さ』『驚いた花』の3巻で構成する一巻。

『魂の犬』は1975年4月に講談社より刊行された髙橋たか子の第1エッセイ集で、1965年6月から1975年1月までに発表されたエッセイ67編を収録。
2部構成でIには小説論、作家論、自作解説など文学関連、IIには身辺雑記、社会時評、紀行文、芸術関連が収録されている。
そのうち最も古いものが、たか子33歳の時に「京都大学新聞」(1965年6月28日)掲載の「アンチ・ロマンの世界」である。

第2エッセイ集『記憶の冥さ』は、1977年1月に人文書院より刊行され、55編が収録されている。
「あとがき」の冒頭で、「ここに収められたエッセイは昭和五十年の始めから昭和五十二年の秋までに発表されたものである。
この期間には、私の人生の大きな出来事ともいうべき、カトリック受洗がふくまれている。
受洗の日は、正確には、昭和五十年八月五日であった」とあり、彼女の人生の大きな転換期に発表されたものだった。

第3エッセイ集『驚いた花』は、1980年6月に人文書院より刊行され、1977年10月から1980年6月までに発表されたエッセイ51編を収録。
3部構成で、Iは文学、美術、音楽、IIはヨーロッパ旅行、IIIはキリスト教と社会時評と分類されている。
本書と前2作との大きな違いは、キリスト者として、小説家としての意識の変容がくっきりと記されていることである。

解説と解題は、生前のたか子と交流のあった文芸評論家・山内由紀人氏が担当。
付録として、1979年「ヨーロッパ旅行滞在の記録」のメモと生原稿等を収録する。

※この作品は一部カラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

モデル失格 幸せになるためのアティチュード(小学館101新書) 秘密のミャンマー 杉田 パイプのけむり選集 旅 花森安治と『暮しの手帖』 つばさよつばさ 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか(小学館101新書) 染五郎の超訳的歌舞伎 しまおまほのおしえてコドモNOW! 三浦光世 電子選集 愛に遠くあれど−夫と妻の対話− 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 もうおうちへかえりましょう ナポレオン街道 可愛い皇帝との旅 マヤコ一○一歳 〜元気な心とからだを保つコツ〜 誰にだって言い分があります(小学館新書) 岩魚が呼んだ −岩魚と加仁湯交遊録− 日本語ぽこりぽこり

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/