開高 健 電子全集5 ルポルタージュ『声の狩人』『ずばり東京』他 1961~1964

開高 健 電子全集5 ルポルタージュ『声の狩人』『ずばり東京』他 1961~1964

開高健

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

芥川賞受賞から間もない時期のルポルタージュ作品『過去と未来の国々 中国と東欧』『声の狩人』『日本人の遊び場』『ずばり東京』を収録。

1958年、27歳で芥川賞を受賞した気鋭の小説家は、当時、自身の内心によりそって作品を書くことはするまいと決心していた。“遠心力で書く文学”を目指し、ひたすら「外へ!」という指向で文体を工夫すること、素材を選ぶことにふけっていた。そのため現場を見ることを自らに課し、国内外を精力的に歩き回った。1960年、中国訪問日本文学代表団の一員として中国を訪れて毛沢東、周恩来らと会見したのを皮切りに、以後3年ほどの間にルーマニア、チェコスロバキア、ポーランド、フランス、イスラエル、ギリシア、トルコ、ソ連、スペイン等々を訪れている。この間の現場での見聞をまとめたものが、開高健にとって初のルポルタージュ作品となる『過去と未来の国々 中国と東欧』であり、『声の狩人』である。国内においてもさまざまな現場を巡って『日本人の遊び場』(『週刊朝日』1963年7月~9月)や『ずばり東京』(『週刊朝日』1963年10月~1964年11月)など優れたルポルタージュ作品を書いている。この現場主義がやがて開高健を戦時下のベトナムへと駆り立て、その後は形を変えてアラスカの大河や南米アマゾンなど、世界中の水辺に釣り竿を担いで足を運ばせることになる。

【収録数】ルポルタージュ:4作 付録:担当編集者による回顧談、『ずばり東京』大阪食い倒れ取材中の写真など9点 

【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

逆説の日本史26 明治激闘編 日露戦争と日比谷焼打の謎 【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール 金子みすゞ ふたたび コロナとバカ(小学館新書) いつも私で生きていく 甲子園と令和の怪物(小学館新書) 日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか 〜女二人の手紙のやりとり〜 人生の経営(小学館新書) 愛されて、勝つ 川崎フロンターレ「365日まちクラブ」の作り方 メタルカラーの時代9 「壊れぬ技術」のメダリスト 無知の死 〜これを理解すれば「善き死」につながる〜(小学館新書) 逆説の日本史12 近世暁光編/天下泰平と家康の謎 おかげさまで、注文の多い笹餅屋です〜笹採りも製粉もこしあんも。年5万個をひとりで作る90歳の人生〜 メール内「男心」連絡網2 ウォールデン 森の生活 上

次回配信の予定

2024 7/17 水曜日
  • 名探偵コナン歴史まんが 世界史探偵コナン・シーズン2-3 街と歴史・摩天楼の未来計画/青山剛昌、八神健、谷仲ツナ
  • 名探偵コナン歴史まんが 世界史探偵コナン・シーズン2-4 美と歴史・泥まみれの解放者/青山剛昌、鹿賀ミツル、谷仲ツナ
  • おさるのジョージ きょう これ できた?/学芸編集室
  • ドラえもん学びワールドspecial わくわく科学実験/藤子・F・不二雄、藤子プロ、田中裕基

2024 7/18 木曜日
  • 世界標準のSEL教育のすすめ 「切りひらく力」を育む親子習慣 ~学力だけで幸せになれるのか?~/下向依梨

2024 7/19 金曜日
  • 小学館ジュニア文庫版 小説 劇場版すとぷり はじまりの物語 ~Strawberry School Festival!!!~/柏原真人、江坂純、STPR Studio
  • 小学館ジュニア文庫 見習い占い師 ルキは解決したい! 友情とキセキのカード/荒井寛子、三星たま
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第8話 冒険探偵 フォーエバー(5)/片理誠
  • 夢幻∞シリーズ 冥界パティスリー 第15話 睡蓮堂の夏休み/大平しおり、ゆうしよう
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 空想科学読本/青山剛昌、柳田理科雄
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/