安楽死を遂げた日本人

安楽死を遂げた日本人

宮下洋一

本体830円 + 税

読む

内容紹介

NHKスペシャルで大反響。

ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉
送り主は、神経難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前にスイスの安楽死団体に入会し、死を遂げたいという。実際に筆者が面会すると、彼女はこう語った。
「死にたくても死ねない私にとって、安楽死はお守りのようなものです。安楽死は私に残された最後の希望の光です」
日本人が安楽死を実現するには、スイスに向かうしかない。お金も時間もかかる。ハードルはあまりに高かった。だが、彼女の強い思いは海を越え、人々を動かしていく。

〈本作を読んだ多くの方が考えただろうことを、私も考えた。もし小島ミナと同じ境遇に置かれたら、はたしてどのような選択をするだろうか、と。
 著者が作中で記しているように、現にそうした状況に直面したわけでもない者の考えなど、しょせんは切迫感に欠けた想像や推測の類にすぎない。ただ、それでも考えてしまう。彼女のように安楽死を望み、それを選択するだろうか、と〉——解説:青木理

(底本 2021年7月発行作品)

※この作品は単行本版として配信されていた『安楽死を遂げた日本人』の文庫本版です。

同じジャンルの書籍から探す

電脳のサムライたち4 ゲーム創世記〜神クリエイターたちのゲーム創作秘話〜 ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論 上巻 驚異のアンチエイジング効果 奇跡の新素材 プロテオグリカン(小学館101新書) 白鍵と黒鍵の間に 〜ジャズピアニスト・エレジー銀座編〜 文系人間のための「AI」論(小学館新書) テレビじゃ言えない(小学館新書) 中国不要論(小学館新書) 地震 停電 放射能 みんなで生き抜く防災術 絶望裁判4 〜拉致・リンチ・虐待〜 爆走社長の天国と地獄 〜大分トリニータv.s.溝畑宏〜(小学館新書) 消された信仰 「最後のかくれキリシタン」−−長崎・生月島の人々 ムズカシそうなSDGsのことがひと目でやさしくわかる本 唐牛伝〜敗者の戦後漂流〜 遊んで見つける学びの革命 〜京大3兄弟が家庭でやっていた!〜 メタルカラーの時代14 クールアースの創世記 人生はいつだって自問自答

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/