the座33号 頭痛肩こり樋口一葉(1996)

the座33号 頭痛肩こり樋口一葉(1996)

こまつ座

本体800円 + 税

読む

内容紹介

こまつ座の看板演目! 出演者、スタッフにその魅力を訊く!

今号の刮目記事は、木村光一と井上ひさしの特別対談。稽古場を訪れた作者・井上と演出家・木村が、それぞれの立場から芝居について大いに語り合う。また、淡路恵子ら女優陣6人のインタビューと、浴衣姿のピンナップ風写真を掲載。今回7演目となる人気作品で、過去6演の公演日程とキャストも紹介する。一葉の年譜と、縁ある文京・台東界隈などもイラストマップでまとめている。
<主な内容>■前口上=井上ひさし ■特別対談/木村光一、井上ひさし ■人びと劇場・キャスト/淡路恵子、大西多摩恵、順みつき、新橋耐子、高橋紀恵、未來貴子 ■人びと劇場・スタッフ/宇野誠一郎、高田一郎、服部基ほか 写真=落合高仁 ■この人の仕事場(7)/衣装・岸井克己 ■樋口一葉地図・略年譜 ■『頭痛肩こり樋口一葉』公演記録 ■エッセイ/井上都 ■千田是也演劇戦後史・第13回 ほか。

※【ご注意】お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。

同じジャンルの書籍から探す

the座37号 父と暮せば(1998) the座24号 マンザナ、わが町 改訂版(1995) the座 17号 シャンハイムーン(1990) the座66号 水の手紙/少年口伝隊一九四五(2010) the座 8号 花よりタンゴ(1986) the座特別号4 人びと劇場 雪やこんこん(1999) the座47号 國語元年(2002) the座46号 闇に咲く花(2001) the座54号 太鼓たたいて笛ふいて(2004) the座64号 太鼓たたいて笛ふいて(2008) the座72号 闇に咲く花(2012) the座31号 父と暮せば(1997) the座 12号 頭痛肩こり樋口一葉(1988) the座 13号 イヌの仇討(1988) the座24号 マンザナ、わが町(1993) いのち短し、踊れよ男子

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 1/26 水曜日
  • 朱より赤く~高岡智照尼の生涯~/窪美澄

2022 1/28 金曜日
  • サラバ 上・中・下巻 合本版/西加奈子
  • サラバ! 上/西加奈子
  • サラバ! 中/西加奈子
  • サラバ! 下/西加奈子
  • あおい/西加奈子
  • きいろいゾウ/西加奈子
  • こうふく みどりの/西加奈子
  • こうふく あかの/西加奈子
  • さくら/西加奈子
  • サムのこと 猿に会う/西加奈子
  • 読んで、旅する。旅だから出逢えた言葉 3/伊集院静
  • 小学館ジュニア文庫 小説 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記/藤子・F・不二雄、福島直浩、清水東、大杉宜弘
  • 小学館ジュニア文庫 姫さまですよねっ!?~姫さまVS.暴君殿さまVS.忍者 大坂城は大さわぎ!~/ソウマチ、七海喜つゆり
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ セブンルールズ/江坂純、山田悠介
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『夜のオフィス』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 岡江多紀『夜はシルクの肌ざわり』/岡江多紀
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『肌色あつめ』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『新・修羅の花道』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『聖泉伝説』/睦月影郎
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第6巻 高橋たか子 小説3『空の果てまで』ほか/高橋たか子