いい覚悟で生きる がん哲学外来から広がる言葉の処方箋

いい覚悟で生きる がん哲学外来から広がる言葉の処方箋

樋野興夫

本体1120円 + 税

読む

内容紹介

「がん哲学外来」提唱者が贈る言葉の処方箋。

 がんになっても、人生は続く。がんになってから、輝く人生だってある。
 がんと告知されてから患者さんが心に抱えることは、「病気、治療、死に対する不安が3分の1で、あとは人間関係の悩みが実はいちばん多い。家族、職場、医師……それまでなんとも思わなかった周囲の言動に反応して心が傷つくのです」と、「がん哲学外来」の提唱者で発がん病理学者の著者・樋野興夫先生は言います。
「がん哲学外来」とは、多忙な医療現場と患者さんの「すきま」を埋めるべく予約制・無料で開設された、今もっとも注目を集める「対話の場」です。約60分、著者はがん患者やその家族とお茶を飲みながら、不安や精神的苦痛を直に聞いて解消できる道を一緒に探します。そして、どんな境遇にあっても「人はいかにして生きるか」という人生の基軸となるような「言葉の処方箋」を贈っています。その数は延べ約3000人にも及びます。
 本書は、がん哲学外来の「言葉の処方箋」を初めてまとめた待望の一冊。著者自身が影響を受けた新渡戸稲造や内村鑑三、病理学の師である吉田富三ら偉人たちの語り継がれる金言から、哲学的なのにユーモアあふれる一言まで、読めばくじけそうな心が元気になる、人生に「いい覚悟」を持って生きるための言葉にあふれています。

同じジャンルの書籍から探す

「嫌いっ!」の運用(小学館新書) 国立がん研究センターの肺がんの本 三浦綾子 電子全集 小さな郵便車 すべては導かれている〜逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟〜 みんなの女性外来9 生理(月経)のトラブルがつらいときの本 きっと赤ちゃんできるから―29人の不妊症克服体験と最新治療法― ホーム・メディカ・ブックス 同調圧力のトリセツ(小学館新書) 女子のお値段 人生が変わる!! 本当に「いい声」になる方法 「どうせ自分なんて」と思う君に、知っておいてほしいこと フランス流 捨てない片づけ 〜ちょっとした整えグセで部屋は見違える!〜 70歳のたしなみ なぜ世界を知るべきなのか(小学館YouthBooks) 「晩成運」のつかみ方。 運気を金にする 幸せ上手さん習慣GOLD いじめから脱出しよう!〜自分をまもる方法12か月分〜

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/