「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート

大越健介

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

徹底した現場主義で世界の潮流を読み解く。

1989年、ベルリンの壁が崩壊して以降、世界のあらゆる垣根を取り除こうとする「グローバリズム」の波が席巻した。しかし、今、垣根が取り除かれたはずの世界で新たな「壁」があちらこちらで築かれようとしている。その「壁の正体」とは何なのか? NHKのキャスター大越健介氏が徹底した現場主義を貫き、世界各地を巡りながら綴った取材ノートをもとに壁の正体に迫る一冊。
人気番組「激動の世界をゆく」(BS1)で訪れた中から「ジョンウンは道化師か」(北朝鮮)、「せりあがる国境」(メキシコ)、「疾走する民主主義」(台湾)、「ロシアをにらむ小国の矜持」(バルト三国)、「ポピュリズムの行方」(オランダ)、「終わらない欧州危機」(スペイン・ポーランド)、「寛容のイスラム」(インドネシア)、「もったいない国」(カザフスタン)、「魂に火をともす」(日本・五輪)の全9章で構成される。
小気味よくわかりやすい文章で綴られた。

同じジャンルの書籍から探す

日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 ポスト・サピオムック 九十八歳。戦いやまず日は暮れず 生きることの発明 大震災発生!公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵 官僚たちの冬 〜霞が関復活の処方箋〜(小学館新書) バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第8巻 日本人はなぜ戦争をしたか 昭和16年夏の敗戦 あんときのRADWIMPS 〜人生 出会い編〜 開高 健 電子全集10 もっと遠く!もっと広く! スターリンの正体 〜ヒトラーより残虐な男〜(小学館新書) 逆説の世界史1 古代エジプトと中華帝国の興廃 脳が若返る最高の睡眠〜寝不足は認知症の最大リスク〜(小学館新書) 雑草学研究室の踏まれたら立ち上がらない面々 ファスト・カレッジ 〜大学全入時代の需要と供給〜(小学館新書) ダーリンの進化論 〜わが家の仁義ある戦い〜 電脳のサムライたち2 孫正義

次回配信の予定

2024 4/22 月曜日
  • 名探偵コナン学習まんが「ニュース探偵コナン」 6~風の塔の陰謀~/青山剛昌、太田勝、窪田一裕

2024 4/23 火曜日
  • 小学館版 学習まんが人物館 エリザベス2世/今井康絵、日笠由紀、多賀幹子

2024 4/24 水曜日
  • いてもたっても/たけがみたえ
  • 俺、つしま 4/おぷうのきょうだい
  • ドラえもん探究ワールド 水族館のなぞ/藤子・F・不二雄
  • 四代目市川左團次 その軌跡/四代目市川左團次

2024 4/25 木曜日
  • 「神回答」大全 ~人生のピンチを乗り切る著名人の最強アンサー100~/真山知幸
  • ニュースのあとがき/大越健介

2024 4/26 金曜日
  • それいゆ文庫 Naked!!!! ~イケメンアイドルグループでセンター張ってましたが、男性ストリッパーになりました~/遠坂カナレ、うすくち
  • 小学館ジュニア文庫 わさびちゃんとひまわりの季節/たざわりいこ、わさびちゃん
  • 庄野潤三電子全集 第8巻 1975~1978年「ガンビアの春」ほか/庄野潤三
  • 増補新版 ウイスキー検定公式テキスト/土屋守
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/