習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望

習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望

相馬勝

本体1200円 + 税

読む

内容紹介

日本にとって本当に恐ろしい男だ!

「日本の外交をくじくために、対日経済貿易制裁を発動して、有形無形に圧力をかける」「軍艦を釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺に派遣する。もし、米国が曖昧な態度をとり続ければ、日本は孤立するであろう」——この勇ましい言葉は、中国の習近平・国家主席が作成した機密文書に記された「反日」作戦の一部です。

戦後70年目の今年、中国は「歴史認識」という“武器”を使って日本に揺さぶりをかけてきています(2015年7月発表作品)。この中国の対日政策を司る習近平は、幼少期より党幹部だった父・習仲勲からガチガチの「共産主義思想」と「反日思想」をたたき込まれ育ちました。

筆者・相馬勝は、その習近平に関する中国共産党の機密文書を数多く入手。この貴重な資料と中国共産党幹部への取材をもとに、知られざる習近平の素顔と、激しさを増す中国の「反日」戦略の内奥をレポートします。

同じジャンルの書籍から探す

人生の経営(小学館新書) 唐牛伝〜敗者の戦後漂流〜 あんときのRADWIMPS 〜人生 出会い編〜 5分で「やる気」が出る賢者の言葉 「プチ鬱」から脱け出す33の技術(小学館101新書) 考えない練習 電脳のサムライたち2 孫正義 中国崩壊後の世界(小学館新書) メタルカラーの時代3 ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論 下巻 ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜 池上彰と学ぶ日本の総理  第2号 田中角栄 蒼い空へ  〜夫・西城秀樹との18年〜 戦前の大金持ち(小学館新書) ヘドロパパのヨメイゲン 〜クズ夫に放つ嫁の名言&迷言〜 日めくり 一日一禅 英語と中国語 10年後の勝者は(小学館新書)

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/