面白いほど宇宙がわかる15の言の葉(小学館101新書)

面白いほど宇宙がわかる15の言の葉(小学館101新書)

渡部潤一

本体500円 + 税

読む

内容紹介

そうだったのか宇宙!と思わず納得

「金融ビッグバン」「新星のごとく登場した選手」「この路地裏はブラックホールのように深い、怖い」など、宇宙に実在する天体や現象の名前は、わたしたちの生活、社会現象などに密着して使われています。暦や曜日、時間の刻み方も、もともとは宇宙との密接な関係からつくられたシステムです。身近に使われる言葉のなかに潜む宇宙を探し、それを「宇宙の言の葉」と題し、そこから、宇宙の全貌を知る。国立天文台のナベジュン先生こと、渡部潤一氏による、そうだったのか、宇宙!”と納得すること必至の一冊。

同じジャンルの書籍から探す

炎上するバカさせるバカ 〜負のネット言論史〜(小学館新書) ワクワクだけで年商30億円 〜たった5年でパリコレ進出&30億円ブランドの夢を叶えたワケ〜 メタルカラーの時代7 デジタル維新の一番走者 接遇の達人ANAのCAが明かす 21世紀型 デキる男のビジネスマナー 大江戸剣豪列伝 切先越しにみるサムライの260年(小学館新書) 70歳のたしなみ 復興ごはん 愛は愛とて何になる 50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」 昭和のテレビ王 宮脇俊三 電子全集21『鉄道に生きる人たち/ダイヤ改正の話』 目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書) 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第11巻 日本凡人伝 警視庁監察係(小学館新書) 万事正解 浅草弾左衛門 第一巻 (天保青春篇・上)

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/