文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書)

文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書)

石井正己

本体500円 + 税

読む

内容紹介

今こそ読まれるべき貴重な「証言集」

 関東大震災直後から、流行作家たちは新聞や雑誌に次々と文章を書きました。芥川龍之介、志賀直哉、ほか36名の文豪たちが見て、感じて、書いた「大都市災害」を、国内外で震災と復興・防災についての講演を続ける、著者が考察していきます。著者の石井正己さんは、国文学者・民俗学者であり、東京学芸大学教授です。
 「多くの文章は関東大震災の風化とともに埋もれてしまいました。一方で、震災の状況を詳しく知りたいと思っても、もはや生き証人から話を聞くことは難しくなっています。そうしたことを思えば、震災を生き抜いた作家たちの証言はかけがえのない遺産ではないかと思われます」「個別の体験記だからこそ、記録や統計には見られない人間の真情が表れていると言えましょう。」(はじめに、より抜粋)
 90年前の体験記は、被災地周辺で親族を亡くされた方々にとって、当時の様子を今に伝える貴重な記録であり、これからの震災にとって学ぶべき教訓も数多くあります。また、著者・石井正己さんの解説で、文豪たちの真情の吐露が、当時の文壇の人間関係や社会状況と関連づけて読めるのは、この本のもうひとつの楽しみです。

※【ご注意】この作品には一部図や写真が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

同じジャンルの書籍から探す

ハワイのマキさん HAPPYガイド 〜これからの生き方とこれからのハワイ〜 フェイク 〜ウソ、ニセに惑わされる人たちへ〜(小学館新書) 日本はこうしてつくられた3 〜徳川家康 戦国争乱と王道政治〜 もっと知りたい! 大谷翔平 〜SHO−TIME観戦ガイド〜(小学館新書) シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く 日本人の知らない 日本一の国語辞典(小学館新書) 福永武彦 電子全集12 『忘却の河』『幼年』、童話。 福永武彦電子 全集13  『風のかたみ』、古典文学の継承。 池上彰の世界の見方 ドイツとEU〜理想と現実のギャップ〜 秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし 〜宇都宮餃子はなぜ日本一になったか〜(小学館101新書) 黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」 三浦光世 電子選集 妻と共に生きる 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書) 石田衣良がマンガで伝授!創作才能の磨き方 ~人気作家の創作の極意2~ 黄色い虫 ―船山馨と妻の壮絶な人生― なぜザ・プレミアム・モルツは売れ続けるのか?

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/