猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第13巻 道路の権力

猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第13巻 道路の権力

猪瀬直樹

本体600円 + 税

読む

内容紹介

特殊法人問題の象徴というべき道路公団の解体に自ら挑んだ全記録。

電子著作集で新たに加わるラインナップとして、『道路の権力 道路公団民営化の攻防一〇〇〇日』(2003年11月文藝春秋刊、2006年3月文春文庫)を収録。

第1巻収録の『日本国の研究』で、この国の病巣たる特殊法人の問題を世に知らしめた作家が、その象徴ともいうべき道路公団の解体に自ら挑んだ全記録。
小泉内閣誕生直後、行革断行評議会のメンバーとなった猪瀬は、2002年6月、小泉首相から道路関係四公団民営化推進委員会の委員に指名され、改革の先鋒に立たされる。さまざまな妨害や隠蔽工作と戦いながら、改革の道を開いた1000日にわたる激闘のドキュメント。誰が何を言い、どう動いたか、そのすべてをつまびらかに記す。

同じジャンルの書籍から探す

小心者のままでいい〜「臆病」「過敏」を強みに変える25の方法〜 小学館ジュニア文庫 西郷隆盛〜敗者のために戦った英雄〜 ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち 介護はつらいよ 合本版 逆説の日本史 幕末年代史編 池上彰の世界の見方 イギリスとEU〜揺れる連合王国〜 知らぬは恥だが役に立つ法律知識(小学館新書) 瞳さんと 特攻服少女と1825日 銀座ナイルレストラン物語 原発は“安全”か〜たった一人の福島事故報告書〜 経済を読む力〜「2020年代」を生き抜く新常識〜(小学館新書) 日本はこうしてつくられた2 〜鎌倉殿と北条一族 歴史は辺境から始まる〜 小学館ジュニア文庫 こむぎといつまでも 〜余命宣告を乗り越えた奇跡の猫ものがたり〜 働き方5.0〜これからの世界をつくる仲間たちへ〜(小学館新書) ときどき寿

次回配信の予定

2024 5/22 水曜日
  • 葬られた本の守り人/ブリアンナ・ラバスキス、高橋尚子
  • ドラえもん学びワールドspecial みんなのためのアート入門/藤子・F・不二雄

2024 5/24 金曜日
  • サメにゃん/ぢゅの
  • 小学館ジュニア文庫 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-不屈の熱戦/伊豆平成、高瀬志帆
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 服部平次セレクション 浪速の相棒/酒井匙、青山剛昌
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/